よくある質問

教会が初めての人向けQ&A

だれでも教会の礼拝に行ってよいのですか?

はい、どなたでも歓迎いたします。予約の必要はありません。教会に行くのが初めての方、家の宗教が違う方、お子様も一緒にお越しいただいて問題ありません。

「イベントのチラシのもらい、興味がある」「教会の中を見てみたい」「賛美歌を聞いてみたい」「本家のクリスマスっぽいイベントのぞいてみたい」「精神的に疲れた、休みたい」など、気軽にお越しください。

初めて教会の礼拝に行ったときはどうすればよいですか?

受付けで「初めてなのですが」など、声をかけていただければご案内いたします。聖書や歌集、礼拝順序が載っている「月報」などをお渡しします。

また、差し支えなければ「来会者カード」にご記入ください。記入不要であれば「見学だけさせてください」と断られても結構です。

服装、持ち物はどうしたらいいですか? 

普段着で大丈夫です。特別な持ち物はありません。

礼拝で使用する聖書や歌集は、受付けでお貸出ししています。

駐車場や駐輪場はありますか?

はい、教会の前に駐車できます。一杯の場合は別の場所をご案内できますので、車でいらっしゃってください。自転車も教会の脇に置いていただいて大丈夫です。

場所についてご不明点がありましたら受付けにおたずねください。

礼拝では何をするのですか? 

礼拝では賛美歌を歌ったりお祈りをしたりします。また、聖書を読み、牧師が聖書のお話をいたします。

礼拝に参加して費用はかかりますか?

いいえ、かかりません。礼拝の中で「献金」という時間がありますが、これは「信仰に基づく神様への応答を意味し、自発的なささげもの」のため、強制的なものではありません。お賽銭・会費・入場料・聴講料といったものではありません。初めての方はなさらなくても結構です。

教会は定期的に献金について会計報告をしています。

牧師に質問や相談はできますか?

はい、もちろん大丈夫です。お話を伺います。礼拝後に声をかけていただくか、事前に電話やメールで日時のご相談をいただければ平日でも可能です。

教会では終活とかキリスト教葬儀をしているのでしょうか?

はい、不定期ですが終活セミナーをしております。キリスト教葬儀を希望される方は事前に牧師との面談が必要です。

ご本人が病床にいらっしゃる場合は牧師にご連絡ください。なお、当教会はキリスト教葬儀の専門会社「グロリアス」と提携をしております。料金など詳しいことは「キリスト教葬儀グロリアス」を検索してください。http://glorious-hokkaido.com/ 連絡電話番号:011ー887ー7227

 

キリスト教についてのQ&A

クリスマスって何?

クリスマスは、イエス・キリストが人として誕生したことを祝う日です。クリスマスは英語で、キリスト降誕日、キリストのミサという意味から来ています。イエス・キリストの誕生日は、正確にはわかりません。

12月25日を祝う起源は諸説ありますが、古くは紀元4世紀頃に12月25日に祝われていたという記録が残っています。クリスマスの習慣、飾り付け、伝統などは沢山のお話があります。

イースターって何? 毎年日にちが違うけど、どういう法則になってるの?

イースターは、イエス・キリストの復活を祝う日です。春分の日を過ぎた最初の満月の次の日曜日がイースターです。

なぜ日曜日に礼拝するの?

イエス・キリストが十字架にかかって死なれ、3日目によみがえられた日は日曜日でした。イエス・キリストの復活以降、イエス・キリストを信じるクリスチャンはこの日を「主日」として日曜日に礼拝をささげるようになりました。

食事の制限はあるの?

いいえ、特に禁止されているものはありません。感謝して食べるものは人の益になります。

 

質問は随時受付中です

 

使徒信条(信仰告白)

「使徒信条」とは「私たちはこのように信じています」という信仰告白です。

 

私は天と地の創造主 全能の父なる神を信じます。

私はそのひとり子 私たちの主イエス・キリストを信じます。

主は聖霊によって宿りおとめマリヤより生まれ ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け 十字架につけられ 死んで葬られ ハデスに下り 三日目に死人の中からよみがえり 昇天し 全能の父なる神の右に着座されました。

再び来られて 生きている人と死んだ人とをさばかれます。

私は聖霊を信じます。聖なる公同の教会 聖徒の交わり 罪の赦し 体の復活 永遠のいのちを信じます。

アーメン